大栄リアルエステートTOP > 株式会社 大栄リアルエステートのブログ記事一覧 > サラリーマンが職住近接すると通勤が楽になる?

サラリーマンが職住近接すると通勤が楽になる?

≪ 前へ|羽田空港国内線で遊ぼう!展望デッキや人気スポットをご紹介!   記事一覧   一人暮らしでインターネット回線を契約するなら光回線?モバイルルーター?|次へ ≫

サラリーマンが職住近接すると通勤が楽になる?

「職住近接」なる言葉を初めて目にする方もいるでしょう。

 

しかし、文字を見てなんとなくその意味は推測できるはず。

 

「職住近接」とは読んで字のごとく、職場と住居の距離を近くすること。

 

つまり職場のすぐ近くに住むこと、自宅のすぐ近くで働くことです。

 

会社と自宅が近ければ、サラリーマンにはいろいろと便利な点が多いです。

 

一方で、物事にはメリットだけでなく、デメリットもつきものです。

 

そこで、サラリーマンが職住近接することのメリットとデメリット、どんな人が職住近接に向いているのかを見ていきましょう。


チェックポイント

 

サラリーマンが職住近接について①メリット


サラリーマンが職住近接をするメリットとしてまず挙げられるのは、なんといっても日々の通勤時間が短くなることです。

 

東京都心の会社に勤めているサラリーマンの場合、埼玉県や千葉県から通うと、片道だけで1時間以上かかる場合もあります。

 

往復だと通勤時間は約2時間です。

 

会社からの片道の距離が短くても、乗り換えをはさむと、通勤時間は長くなってしまいます。

 

それを例えば、片道10分の往復20分に短縮できる、それが職住近接の最大のメリットです。

 

そうして通勤時間を12時間短縮すると、ほかのさまざまなメリットが生まれてきます。

 

まずは、サラリーマンの天敵、通勤電車でのストレスがなくなります。

 

満員電車に乗るストレスがなくなるだけでなく、電車の遅延で時間を奪われるストレスもなくなります。

 

ストレスのかからない生活を送っていると、精神的に余裕が生まれるため、何かストレスのかかるような事態に陥っても、落ち着いて対応できるようになるかもしれません。

 

さらに、通勤時間が減ると交通費も削減できます。

 

そして、浮いた時間を趣味や家事などに費やすことができます。

 

サラリーマンが職住近接について②デメリット


いいことだらけのように見えるサラリーマンの職住近接ですが、もちろんデメリットも存在します。

 

会社の近くに住む場合、家賃が高くなってしまう可能性があります。

 

オフィスが集中するような場所や繁華街、駅前は家賃が高くなりがちです。

 

また、生活圏内が自宅周辺に限られてしまうので、単調な生活になりがちです。

 

サラリーマンの職住近接について③向いているのはどんな人?


職住近接に向いているのは、オンとオフの切り替えができる人です。

 

仕事モードからオフモードに戻れない人や、オフモードから仕事モードに切り替えられない人には職住近接は向いていません。


職住近接


まとめ


職住近接はメリットも大きいですが、このような働き方が向いていない人もいます。

 

メリットだけにとらわれず、自分に向いているかどうかをしっかりと見定めることが大切です。

 

私たち、大栄リアルエステートでは、多数の賃貸物件をご用意しております。

 

お引越しの際はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|羽田空港国内線で遊ぼう!展望デッキや人気スポットをご紹介!   記事一覧   一人暮らしでインターネット回線を契約するなら光回線?モバイルルーター?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • オーナー様へ
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 大栄リアルエステート
    • 〒144-0052
    • 東京都大田区蒲田5丁目10番4号
      桂月ビル3階
    • TEL/03-3733-0447
    • FAX/03-3736-2472
    • 東京都知事 (8) 第50230号
      賃貸住宅管理業  国土交通大臣(1)第5481号
  • QRコード
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る